IT化が進むタイムレコーダー

ひと昔前まではタイムレコーダーというと、各個人にカードが支給され、タイムレコーダーの前に置いてあるカードホルダーから各自自分のカードを持ち出して、レコーダーに差し込んで出退勤の時刻を打刻するというのが基本でした。もちろん今もその仕組みを使われている企業も多いと思います。しかし最近では企業の出入りにICカードた使われるようになったため、これを利用してインターネット経由で管理していくシステムが登場するようになっています。インターネットによるタイムレコーダーは個人に支給されるICカードを利用した勤怠管理であるため、代理打刻といって不正が一切出来ません。また一度記録された打刻時間は修正することができないため、記録の改ざんなどを防止することもでき健全で正確な勤怠実態を把握することができるようになります。


またこうしたタイムレコーダーはリアルタイムで労働時間をチェックすることができるため、月の途中でも残業が集中している社員を発見することができ、過度な労働時間を防ぐ仕組みとしても利用することができるのです。なによりこれまでおカードによる管理では、オフラインでの入力や集計が必要でしたが、ネットの管理により自動的に集計してくれるのも助かります。さらに最近のコンプライアンスへの対応でいいますと、法改正に常に対応して最新の法律に準拠しますので労働基準法に沿ったまちがいのない管理を行っていくことができるというメリットもあります。こうしたシステムはIT各社が供給していますが、さらに進んでいるものではシステム丸ごとをパブリッククラウドとして提供しているものもあります。これにより導入企業は初期投資をすることなく、月次の費用負担だけすることで利用していくことが可能になってきます。出退勤管理はもっぱら人事の領域でITとのつながりはピントこない領域でもありましたが、インターネットとブロードバンドの普及がこうしたクラウドサービスでの提供を可能にし、手間がかからず人事管理のコストダウンにもつながる仕組みが多く提供されていることに注目すべきではないかと思います。


ただ、いくら仕組みがかわっても扱っているのは人間です。雇用される人たちの気持ちやモチベーションに十分配慮した管理方法をとっていくことがすべての大前提にあることを肝に銘じる必要がありそうです。その上で、効率的な運用を実現していっていただければと思います。